FAQ

​よくあるご質問

取り扱い塗料

たくさんの塗料を扱っている業者のほうがいいの?


はい、多くの塗料を取り扱っている業者がおすすめです。 外壁材や塗膜の劣化状況などによって、最適な塗料は異なります。 効果的な塗り替えを行うためには、業者は外壁の状態に適した塗料を 使わなければなりません。 また、価格もピンキリの塗料のなかで、お客様のご予算に合った製品を ご提案するのも業者の大切な役割です。 最適な判断を下せる業者であることはもちろん、様々な条件やご要望に対応できるだけの豊富な塗料を取り扱っていることも、業者選びの重要な指針となります。





pixta_46887293_M-min.jpg

Company characteristics

​幸田塗装の特徴

What is a good trader?

どんな業者に頼めばいいの?

外壁塗装は、特別な資格や認可がなくても事業を営むことができることもあり、

一部に悪徳業者も存在しています。残念なことですが、費用などの契約まわりや施工品質をめぐるトラブルもちらほら耳にします。


トラブルを避けて満足のいく外壁塗装を行うには、慎重に業者を見極めなければなりません。安さだけで業者を選ぶと、結果として後悔してしまうことにもなりかねませんので、様々な角度から業者の特徴をチェックしたうえで依頼先を決めるようにしましょう。

 

以下では、「優良業者を選ぶためのポイント」をQ&A形式でご紹介しています。
ぜひ、業者選びの参考にしてください。

 

取り扱い塗料

たくさんの塗料を扱っている業者のほうがいいの?


はい、多くの塗料を取り扱っている業者がおすすめです。 外壁材や塗膜の劣化状況などによって、最適な塗料は異なります。 効果的な塗り替えを行うためには、業者は外壁の状態に適した塗料を 使わなければなりません。 また、価格もピンキリの塗料のなかで、お客様のご予算に合った製品を ご提案するのも業者の大切な役割です。 最適な判断を下せる業者であることはもちろん、様々な条件やご要望に対応できるだけの豊富な塗料を取り扱っていることも、業者選びの重要な指針となります。





資格

資格を持っていない業者には頼まないほうがいいのかな?


有資格者がいる業者がおすすめです。
外壁塗装は資格がなくても事業を営めますが、それだけに公の機関が技術証明をしている資格の有無は業者選びの重要な判断基準になります。
「建築塗装1級技能士」「建築塗装2級技能士」などの資格を持っているかどうかで業者を選ぶといいでしょう。

もちろん、資格がなくても豊富な経験があり、有資格者を上回る技術を持っている職人はたくさんいます。ただ、依頼前にその見極めをするのが難しい以上、資格を判断基準とするのが間違いのない方法だと言えるでしょう。





資格

資格を持っていない業者には頼まないほうがいいのかな?


有資格者がいる業者がおすすめです。
外壁塗装は資格がなくても事業を営めますが、それだけに公の機関が技術証明をしている資格の有無は業者選びの重要な判断基準になります。
「建築塗装1級技能士」「建築塗装2級技能士」などの資格を持っているかどうかで業者を選ぶといいでしょう。

もちろん、資格がなくても豊富な経験があり、有資格者を上回る技術を持っている職人はたくさんいます。ただ、依頼前にその見極めをするのが難しい以上、資格を判断基準とするのが間違いのない方法だと言えるでしょう。





取り扱い塗料

たくさんの塗料を扱っている業者のほうがいいの?


はい、多くの塗料を取り扱っている業者がおすすめです。 外壁材や塗膜の劣化状況などによって、最適な塗料は異なります。 効果的な塗り替えを行うためには、業者は外壁の状態に適した塗料を 使わなければなりません。 また、価格もピンキリの塗料のなかで、お客様のご予算に合った製品を ご提案するのも業者の大切な役割です。 最適な判断を下せる業者であることはもちろん、様々な条件やご要望に対応できるだけの豊富な塗料を取り扱っていることも、業者選びの重要な指針となります。





Necessity check

​外壁塗装 必要度チェック

​外壁のチェックポイント
外壁塗装の塗り替え時期は、およそ10年単位

家の壁を普段意識してみることは少ないかと思います。

砂、埃、風、雨、紫外線、酸性雨にさらされています。

実は毎日かなりの負担が家にはかかっているのです。

 

一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから

約10年目が初回、さらに10年毎に塗り替えていくことによって、家の美観

を維持できます。

また、家の太陽年数が延びるため住宅の資産価値も高まります。

外壁塗り替えチェックシート

​ひび割れがある(クラック)

塗装がはがれている

外壁に汚れが付着している

外壁が色あせしている

カビ、藻、錆、腐食部分がある​

当てはまる項目ございませんか?

以上の症状が現れたら、塗り替えの時期です。

放置しておくと、どんどん劣化や痛みがひどくなっていき、家の耐用年数が悪くなります。

家の外壁塗装の塗り替えを考えるべき時期に到達してます。

​一番目に見えてわかる!チョーキング現象
​チョーキング現象はなぜ起こるのか?

チョーキング現象とは、

外壁の表面を手で擦った時に、手に白い粉がつく現象のことを指します。

外壁に塗装してある、塗料の防水効果がなくなるとこのような現象が起こります。

築10年まだ経っていなくても、防水効果が無くなった外壁のまま過ごす事は良い事ではありません。チョーキング現象が起こったら、なるべく早く外壁塗装を塗り替えるべきです。

​幸田塗装 株式会社

〒444-0113

愛知県額田郡幸田町菱池字欠間106−2

© 2020 幸田塗装株式会社